2020.01.17 Friday

0.1号のリングサイズ



 

 

寒い日が続きます。

明日東京では雪の予報も出ていました。

 

体調を崩さないよう、

手洗いうがいをしっかりしていきたいですね。

 

 

 

リングゲージの写真

 

 

 

今回は

「リングサイズ」について書きたいと思います。

 

 

リングサイズとは指輪のサイズのことです。

 

 

日本では指のサイズを測る場合、

「◯号」というサイズを使っています。

 

 

リングサイズを測る道具をリングゲージと呼び、

たいていのお店では

市販のリングゲージを使って

細かくて0.5号刻みでサイズをお測りしています。

 

 

そこでhitotsuchiでは

セミオーダーでもフルオーダーでも

「0.1号刻み」でのオーダーを可能にしています。

 

 

オリジナルの 0 0.2 0.5 0.7 刻みのリングゲージをご用意しており、

市販のリングゲージよりも細かくサイズをお測りできます。

お測りした後、ご要望があれば0.1号小さくも大きくも調節できます。

 

リングゲージのリング単体の写真

 

 

実際、0.1号の差は

 

そこまで大きな違いを感じられないかもしれませんが

 

つけ心地とリングサイズの関係はとても重要だと考え

 

長い時間着ける、着け続ける指輪だからこそ

 

「0.1号刻み」での細かいサイズオーダーをできるようにしました。

 

 

また、hitotsuchiのセミオーダーリングは

リングサイズによっての価格の変更はありません。

 

特例を除きますが、

購入後のアフターケアでは

サイズ直しも期間、回数に制限なく無料にて対応させて頂いております。

 

サイズでお悩みのことがありましたら、

お気軽にお申し付けくださいね。

 

 

 

 

余談ですが、、、

実はリングサイズは二種類あります。

 

少し専門的な内容になりますので

ご興味がある方はご覧ください。

 

二種類とは

ISOという国際規格と、JISという国内規格。

国内規格JISはISOを基に作られているので、

基本的には同じですが表記が変わります。

 

たまに海外の通販サイトや

大手ジュエリーブランドなどで、

41、42、43など

だいぶ大きなサイズだな??

と思ったことはないでしょうか。

 

ISO国際規格のサイズは

指輪の内周の大きさを表していて

単位はミリメートル。

 

ですのでISO規格でサイズが 44 と書いてあれば、

内周が 約44mmのリング ということになります。

ものすごく厳密に言うと

内周43.98mmのものを44としています。

 

国際規格の44は、国内規格では4号と表記されます。

 

※ついでに日本では二種類ですが、各国でも独自のサイズ表記を持っています。

アメリカやイギリスなど国によって表記が違う場合がありますのでお気をつけ下さい。

 

 

このように

普段なら知り得ない

 

 

というより

知る必要があまりない?

 

 

知識なども、たまにご紹介してしまいますが

どうぞ気楽にご覧いただけましたら幸いです。

 

 

それでは。

 

 

スタッフ 小松

 

 

 

■インスタグラム限定キャンペーン中(〜1/31)

今までhitotsuchiでジュエリーを作っていただいた全ての方を対象に
指定のハッシュタグを付けて投稿していただいた方の中から
5名様にAmazonギフト券3000円分をプレゼントいたします。

投稿のテーマは自由です。
日常の一コマ、結婚式の思い出、オーダーメイドの感想などなど。
素敵なお写真、是非お待ちしています。
 

詳細はこちらから。

https://www.hitotsuchi.com/information.html

 

 

hitotsuchi公式ホームページ

https://www.hitotsuchi.com

hitotsuchi公式Facebook

https://www.facebook.com/hitotsuchi

hitotsuchi公式Instagram

https://www.instagram.com/hitotsuchi/

 

東京都渋谷区猿楽町22-13

TEL  03-6455-0972

MAIL  info@hitotsuchi.com

OPEN  12:00〜19:00(水、第3日曜定休)

2019.12.06 Friday

国立新美術館へ



こんにちは

 

 

 

先週の連日の雨から解放され

 

寒いながらも日差しのある

 

寒気持ちいい1週間でした。

 

 

 

 

 

本日は

 

先日のお休みの日のことを少し。

 

 

 

行ってきたのは

 

乃木坂の国立新美術館。

 

 

お目当ては

 

この展示会。

 

 

「カルティエ、時の結晶」

 

 

海外メゾンブランドの展示は

 

勉強になることが多いので

 

機会がある時は極力勉強しに行っています。

 

 

※以下掲載画像は撮影OKエリアのもの

 

 

 

 

 

 

展示は置き時計や

ティアラや動物をモチーフにした

大振りなハイジュエリーがメインで

 

実際には

 

当店で制作しているもの、

 

求められているものとは

 

色んな意味で差がありますが

 

 

いちジュエラーとして

 

いい物をたくさん見ること、知ること、

 

触れることは

 

いい物を作ることにつながっていくので

 

とても大切にしています。

 

 

じっくり見ていると

 

100年以上前の職人たちの

 

表に見えない苦労と工夫が見えてきて

 

本当に学ぶべきことが多く勉強になります。

 

 

 

 

国立新美術館にて

 

12月16日(月)まで。

 

 

 

 

少し感性が磨かれたような

 

そんなお休みでした。

 

 

 

 

 

 

竹添

 

 

hitotsuchi公式ホームページ

https://www.hitotsuchi.com

hitotsuchi公式Facebook

https://www.facebook.com/hitotsuchi

hitotsuchi公式Instagram

https://www.instagram.com/hitotsuchi/

 

東京都渋谷区猿楽町22-13

TEL  03-6455-0972

MAIL  info@hitotsuchi.com

OPEN  12:00〜19:00(水、第3日曜定休)

 

2019.03.26 Tuesday

無料クリーニングについて



こんにちは

 

 

 

新元号発表まで

あと1週間を切り

 

 

次回更新する時はもう何かに決まってるんだなと思うと

楽しみなような変なのじゃないといいなーと。。

 

 

何れにしても元号の改正は

人生で何度もないでしょうから

歴史的な瞬間を楽しみに待ちたいと思います。

 

 

 

 

さて

 

本日は

 

当店の大切にしているアフターサービスについて

少しお話させて頂きたいと思います。

 

 

結婚指輪・婚約指輪は半永久的に

身につけて頂くことを前提にしておりますので

 

hitotsuchiでは末長く安心してお使い頂けるよう

期間、回数に制限なく無料のアフターサービスをご用意しております。

※アフターサービス詳細はこちら

 

 

今回はその中で

1番ご依頼が多い「クリーニング」について

先日ご依頼分のビフォーアフターの画像をご紹介。

 

 

こちらの2本は

約5年前に制作させて頂いた

ペアのフルオーダーマリッジリング。

 

まずはビフオーから。

男性用Pt950、女性用K18ピンクゴールド。

 

5年の歳月で

色々と刻まれています。

 

愛着を持ってたくさんつけて頂いたのが分かります。

 

 

クリーニング済みのアフターがこちら。

 

研磨剤を数種類使ってバフで磨き

表面を少しだけ研磨することで納品時の鏡面仕上げに戻しました。

 

鏡面の名前の通り

顔がバッチリ映り込むピカピカの状態。

 

 

 

数年経って初めてクリーニングされる方は

「新品みたい!!」と結構びっくりされます。

 

 

クリーニングの考え方は人それぞれで

ピカピカが好きで1年に1回くらいは定期的にクリーニングされる方もいますし

逆に自然なマット感が好きでキズを取りたくない方もいらっしゃいます。

 

 

強度、硬度はギリギリまで高めて制作しておりますが

金属の特性として必ずキズは付くものなので

お気に入りのデニムや革製品、木製の家具などのように

上手に愛着を持って経年変化を楽しんでもらえたらと思います。

 

 

ちなみに、

 

個人的にはメンテナンスなどあまり気を使う方じゃなく

小キズが入ってる方がなんか落ち着くので

自分の結婚指輪(基本つけっぱなし)は1度も仕上げ直ししていません笑

 

 

 

クリーニングにかかる期間は

状態や時期にもよりますが余裕を持って1週間程みていただければ

ご返却問題ないと思います。

 

 

 

 

記念日や大切な日の前でも

 

ふと思いついた時でも

 

いつでもお気軽にご依頼ください。

 

 

※アフターサービスご希望の際は事前にメールかお電話で

お問い合わせ頂くと対応がスムーズです。

ご予約はこちら

 

 

 

 

では

 

またです。

 

 

 

 

タケゾエ

 

hitotsuchi公式ホームページ

https://www.hitotsuchi.com

 

 

2018.10.25 Thursday

リングサイズについて



こんばんは

 

 

 

本日は

 

指輪を制作するにあたり大切なこと、

 

『リングサイズ』について

 

当店で気をつけていることを

少し掘り下げてお話したいと思います。

 

 

 

まずリングサイズとは

 

その名の通り指輪の内周から計算した

指輪の大きさのこと。

 

※例えば11号の内周は51.3mm、

サイズが1号変わると約1.0mm足したり引いたりして

サイズを微調整しています。

 

※日本のサイズと海外(米国・英国)では

数値の表記が異なります。

 

 

通常ファッションリングのサイズ展開は

9号、11号、13号、という具合で

2号刻みでの展開が多く

 

前もってたくさんの人に合うように平均的なサイズで作っているので

洋服でいうS、M、Lのような、大まかなサイズ感で用意しています。

 

 

それに比べ、

婚約指輪・結婚指輪はお客様用に調整して制作するので

多くのブランドさんでは0.5号〜1号刻みで制作していることが多いです。

 

 

ちなみに

hitotsuchiでは実際の作業の手間はそれほど変わらないので

『0.1号刻み』で制作しています。

 

※0.1号刻みは意外と珍しく

そんなのあるんですかと、わりと驚かれます。

 

 

ちなみにリングゲージ(指輪のサイズを測る道具)というのは

0.5号刻みのものしか存在しませんので

 

当店ではより正確に測るために

リングの太さを変えて0.2号刻みのオリジナルのリングゲージを制作して

お測りさせて頂いております。

 

 

また、

サイズ感というのはリングの太さ、形状で付け心地が結構変わるので

(リング幅が太いほど、同じサイズのリングでもきつく感じます)

 

実際ご注文の幅になるべく近い太さのリングゲージで

サイズをお測りしています。

 

 

 

 

他にも、

『むくみの影響』や、『薬指の関節の太さと付け根の太さの差』など

気をつけないといけないポイントはあるのですが

そこらへんはまたの機会にお話させて頂きますね。

 

 

 

最後に、

ご注文時にどんなにシビアに気をつけてサイズを決めても

指のサイズは体格が変われば大きくなったり小さくなったりしますので

 

アフターフォローは責任持ってサポートしてくれるというのは

どのお店で購入するにしても必ず確認した方がいい大事なポイントです。

 

 

デザインによってはサイズ調整を受けないブランドさんも見かけますが

デザインが1周入っていて形が崩れる可能性があるものは

気持ちは分かる部分もありますが、、

 

着用出来ないとやっぱり悲しいので

hitotsuchiでは基本的にデザインに関係なく

サイズ調整は期間、回数に関係なく無料で対応させて頂いてます。

 

 

 

サイズがぴったりのリングは

つけた時の見た目の良さももちろんですが

 

指の閉じやすさ、引っかかりにくさなどの

実際の付け心地がやはり違いますので

サイズ決めはとても重要な項目だと思います。

 

 

きつすぎず

ゆるすぎず

 

オーダーメイドならではの

適切なリングサイズ決め

 

何千という指のサイズを測ってきた立場から

責任持ってご提案させて頂きます。

 

 

 

 

 

タケゾエ

 

 

hitotsuchi公式ホームページ

https://www.hitotsuchi.com

 

 

2018.05.28 Monday

セミオーダーマリッジリング×お式画像



こんにちは

 

 

 

少し曇り模様な本日

 

 

今週末にかけて天気が崩れそうな感じでした。

 

 

もう間も無く6月ですしね

 

 

梅雨入りの気配を感じます、

 

 

ガクブル、、

 

 

 

 

さて

 

 

 

本日は

 

趣向を変えて

お客様から頂いた画像を

ご了承の元、少しご紹介させて頂きます。

 

 

当店ではブライダルジュエリーを専門で扱っていることもあり

大変ありがたいことに結納や結婚式などで着用した画像を

お礼のお言葉と共に頂くことがあります。

 

お客様が喜んで頂けたからこそと思い

素直に嬉しく励みになっています。

 

 

本日ご紹介させて頂くのは

海外で挙式を挙げられたお二人の

とても素敵な画像。

 

 

 

映画のような

スペシャルなロケーションと

 

 

モデルさんのような

とっても絵になるお二人。

 

うっとり。

 

 

 

お作りさせて頂いたのは

HMR043(左)とHMR023(右)結婚指輪。

 

 

 

お二人の好みを尊重し合って

それぞれ好きなデザインで制作しました。

 

 

こうして

色んなお二人の

色んなストーリーに触れることが出来るのは

 

打ち合わせから、制作、お渡しまでを

一貫して担当させて頂くからこそなのかなと。

 

頂いた1枚1枚が財産です。

 

 

 

今度はまたフルオーダーでとお話頂き

是非また素敵なもの作りましょう!

 

 

末長ーくお幸せに。

 

 

 

 

 

 

タケゾエ

 

hitotsuchi公式ホームページ

http://www.hitotsuchi.com

 

Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>
Selected Entries
Categories
Archives
Recent Comment
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode