2018.11.05 Monday

フルオーダーマリッジ×コンビ×両側捻り



こんにちは

 

 

11月に入り

 

2018年も残るところあと2ヶ月余り。

 

 

当店ではこの時期

来たるクリスマスに照準を合わせて

婚約指輪・結婚指輪のご注文を多く制作させて頂いてます。

 

通常フルオーダーだと約2ヶ月後、

セミオーダーで約1ヶ月後のお渡しになりますが

 

年末・クリスマスまでのお受け取りご希望の方、

(デザインにもよりますが)急ぎで制作も可能ですので

是非ご相談お待ちしております。

 

 

 

さて

 

 

本日は

こちらのフルオーダーマリッジリングを

ご紹介させて頂きます。

 

 

 

今回のご依頼は

半分プラチナ、半分k18イエローゴールドのコンビで

それぞれの正面に捻りを加えたペアの結婚指輪。

 

 

言葉で説明しずらいので、、

完成リングの画像がこちら。

 

正面側

 

反対側

左がご新郎様用で幅約2.7mm、

右がご新婦様用で幅約2.2mm。

 

一見違うデザインのペアリングのようですが

同じリングをひっくり返した画像です。

 

 

正面はプラチナ950で

捻り部分を鏡面に、両脇をホーニングマット加工

 

少し回転すると境目が。

 

金属の境目に合わせて

仕上げもマットから鏡面に切り返し。

 

さらに回転させると

 

反対側も捻りを入れつつ

こちらは捻り部分がマット、両脇が鏡面になる仕様。

 

 

 

一回り細いご新婦様用も

幅以外は同じ仕様で制作。

 

 

 

 

 

 

一応刻印の関係上プラチナ側を正面としていますが

両A面の贅沢なデザイン。

 

 

 

 

お二人と私でいっぱい悩んでたどり着いたカタチ。

 

 

王道でシンプルなシルエットですが

金属の組み合わせと表面加工のアレンジで

とてもオリジナリティ性の高い結婚指輪になりました。

 

 

 

 

優しい雰囲気のお二人

サイズもぴったりで

とってもお似合いでした。

 

 

末長くお幸せに。

 

 

 

タケゾエ

 

 

hitotsuchi公式ホームページ

https://www.hitotsuchi.com

 

2018.10.29 Monday

フルオーダーマリッジ×大きめの槌目



こんにちは

 

 

 

冷房つけたり

暖房つけたり

 

日によって

何とも温度調整が難しい今日この頃。

 

 

 

本日は

 

こちらのフルオーダーマリッジリングを

ご紹介させて頂きます。

 

今回制作させて頂いたのは

大きめに叩いた槌目のペアの結婚指輪。

 

 

ゴツゴツの岩肌が

波の浸食で徐々に丸みを帯びていく途中のようなイメージで

ハードすぎない槌目にしました。

 

ご新郎様用は

大振りなボリュームをご希望でしたので

リング幅約5mmで

k18イエローゴールドをマットな仕上げで制作。

 

 

ご新婦様用は

これもまた女性用としては

少しボリュームのある幅約3mmで、

素材はk18ピンクゴールドの鏡面仕上げで制作。

 

 

リングの内側にはそれぞれ刻印と誕生石を埋め込み。

 

ご新郎様用は

2月の誕生石アメシスト。

 

ご新婦様用には

8月の誕生石ペリドット。

 

また、ご新婦様の方には

お持ち頂いたリングからダイヤを丁寧に取り外し

こちらのリングに埋め込みし直しました。

 

 

 

今回施した『槌目加工』

 

細かく深く均等に叩いたり

大きく浅めにランダムに叩いたり

デザインによって使い分けてますが

 

どこをどの大きさでどう叩くか、

作業者によって完成品の印象が大きく変わる加工なので

槌目を見れば何となくその職人のセンスが

感じれるポイントかなと思います。

 

 

丸みのあるシンプルなフォルムに

ゆるく大きめに叩いた槌目が

光の当たり方によってユラユラと反射し

とても素敵な仕上がりでした。

 

 

 

 

お渡しの際に

同郷鹿児島のご出身とのお話が出来

 

どうりで何だか波長が合うような

気がしていました笑

 

 

またいつでもメンテナンスなどで

ご来店お待ちしております。

 

 

末長くお幸せに。

 

 

 

 

 

タケゾエ

 

hitotsuchi公式ホームページ

https://www.hitotsuchi.com

 

 

2018.10.25 Thursday

リングサイズについて



こんばんは

 

 

 

本日は

 

指輪を制作するにあたり大切なこと、

 

『リングサイズ』について

 

当店で気をつけていることを

少し掘り下げてお話したいと思います。

 

 

 

まずリングサイズとは

 

その名の通り指輪の内周から計算した

指輪の大きさのこと。

 

※例えば11号の内周は51.3mm、

サイズが1号変わると約1.0mm足したり引いたりして

サイズを微調整しています。

 

※日本のサイズと海外(米国・英国)では

数値の表記が異なります。

 

 

通常ファッションリングのサイズ展開は

9号、11号、13号、という具合で

2号刻みでの展開が多く

 

前もってたくさんの人に合うように平均的なサイズで作っているので

洋服でいうS、M、Lのような、大まかなサイズ感で用意しています。

 

 

それに比べ、

婚約指輪・結婚指輪はお客様用に調整して制作するので

多くのブランドさんでは0.5号〜1号刻みで制作していることが多いです。

 

 

ちなみに

hitotsuchiでは実際の作業の手間はそれほど変わらないので

『0.1号刻み』で制作しています。

 

※0.1号刻みは意外と珍しく

そんなのあるんですかと、わりと驚かれます。

 

 

ちなみにリングゲージ(指輪のサイズを測る道具)というのは

0.5号刻みのものしか存在しませんので

 

当店ではより正確に測るために

リングの太さを変えて0.2号刻みのオリジナルのリングゲージを制作して

お測りさせて頂いております。

 

 

また、

サイズ感というのはリングの太さ、形状で付け心地が結構変わるので

(リング幅が太いほど、同じサイズのリングでもきつく感じます)

 

実際ご注文の幅になるべく近い太さのリングゲージで

サイズをお測りしています。

 

 

 

 

他にも、

『むくみの影響』や、『薬指の関節の太さと付け根の太さの差』など

気をつけないといけないポイントはあるのですが

そこらへんはまたの機会にお話させて頂きますね。

 

 

 

最後に、

ご注文時にどんなにシビアに気をつけてサイズを決めても

指のサイズは体格が変われば大きくなったり小さくなったりしますので

 

アフターフォローは責任持ってサポートしてくれるというのは

どのお店で購入するにしても必ず確認した方がいい大事なポイントです。

 

 

デザインによってはサイズ調整を受けないブランドさんも見かけますが

デザインが1周入っていて形が崩れる可能性があるものは

気持ちは分かる部分もありますが、、

 

着用出来ないとやっぱり悲しいので

hitotsuchiでは基本的にデザインに関係なく

サイズ調整は期間、回数に関係なく無料で対応させて頂いてます。

 

 

 

サイズがぴったりのリングは

つけた時の見た目の良さももちろんですが

 

指の閉じやすさ、引っかかりにくさなどの

実際の付け心地がやはり違いますので

サイズ決めはとても重要な項目だと思います。

 

 

きつすぎず

ゆるすぎず

 

オーダーメイドならではの

適切なリングサイズ決め

 

何千という指のサイズを測ってきた立場から

責任持ってご提案させて頂きます。

 

 

 

 

 

タケゾエ

 

 

hitotsuchi公式ホームページ

https://www.hitotsuchi.com

 

 

Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
Selected Entries
Categories
Archives
Recent Comment
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode